グループワーク制作

 グループワークこそ「多面分析」ができるツール

採用活動において、それぞれの学生の特徴を見極めることは、しているつもりでも、なかなか難しいのが実際のところです。

なぜか最近は全員が同じようなリクルートスーツに身を包み、同じような髪形、そして就活のノウハウ本に書かれたような受け答え、人事として悩まされることも多いと思います。

  • 感じが良い受け答えができるか否か、だけに誘導されて採用の点数を左右されていませんか?
  • 筆記試験の点数だけに重きを置いていませんか?

グループワークは学生の持てる力を多方面から見極めるのに適したツールです。

  • 読解力
  • 洞察力
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • 行動力
  • 調整力
  • 課題追究力
  • 謙虚さ
  • 真剣さ
  • 周囲への気遣い

など、1点によらない判断をすることができます。

それぞれの会社の必要と思われる能力を、応募者から見極め、内定を出すことは、採用のアンマッチを回避し、早期に人材を確保できること、また辞退者や年次の浅い退職者をなくすことにつながります。

急がば回れ

採用時にひと手間かけることで、実務に真に必要な人材を確保し、その社員に長く働いてもらえることが出来れば、人事部の欠員補充の手間も減るばかりか、会社全体の価値の向上に直結します。

面接、ペーパーテスト、にもう1段階の評価基準を加えることを強くお勧めし、ご提案します。

 

グループワーク実施の課題解決

グループワークを導入し、と考えている企業様は多いと思いますが、ここで悩まされます。

  • テーマはどのようなものにするか
  • 自社にあった内容にしたいがどうしたよいのか
  • 評価の方法がわからない

実際にテーマ(問題文の事例)を考えることは多くの経験や想定が必要で、容易ではありません。

当社では、御社のサービス、製品、そして求める人物像を深くヒアリングしたうえで、御社に即したグループワークのテーマ(問題文)を制作いたします。その内容で行うことにより、学生が、御社の事業内容をより深く広く理解することができます。

人事部スタッフの方に対し、評価方法、評価シートの記載方法の研修の実施や、実際の採用時のサポートもご要望により対応いたします。

目の前を通過しても気づかなかった宝の人材があったかもしれないと思わぬよう、学生の持てる能力を正確に見極めること、それが人事部の最大の役割です。

その最大限のバックアップを当社でいたします。是非お問い合わせください。