会社説明会で差をつける

学生は、平均20~40社の会社説明会に参加しています。

参加する際のすべての企業への志望度が高いわけではなく

・説明会の開催地が自宅から近い
・スケジュールがあいていた
・たまたま見つけた

など、「とりあえず行ってみようかな」くらいのものです。


実際、説明会の参加率は50~65%程度。

最近の学生は、大手の就活ナビサイトから応募するケースが大半であり、当日ドタキャンも珍しくなく、またキャンセルの連絡を入れる学生は稀。

そのような学生に対して終了時に「へぇ!良さそうな会社じゃん!ありかも!」と思わせる必要があります。

昨今の売り手市場の採用状況では、選考の前半は学生が会社を選んでいます。説明会を実施した社員の表情や服装や雰囲気は、学生の会社へのイメージを左右します。

時間と費用をかけ実施する会社説明会は、優秀な学生を逃さずファンにさせる最初の機会です。

当社では、「実施するだけの説明会」ではなく、「精度の高い説明会」を企画運営します。

 

詳しくはこちら▶▶▶新卒採用関連事業